「安倍型インフレ」の対策 「純金積み立て」に注目

安倍政権

2012/12/22 12:00

 自民党の圧勝から一夜明けた12月17日、日経平均株価は8カ月半ぶりに一時9900円を突破した。「無制限にお札を刷る」。安倍晋三総裁(58)の政策構想が実現に近づいたと受け取ったのだ。しかし、「金融緩和→円安→物価高」といった「安倍型インフレ」は庶民の暮らしをより圧迫する可能性がある。厳しい時代に資産を守るためには、日銀OBも退職金をつぎ込んでいるという「金投資」が有効だと専門家は説く。

あわせて読みたい

  • 金価格急騰でブームの純金積立、デメリットは?

    金価格急騰でブームの純金積立、デメリットは?

    AERA

    7/31

    貴金属会社VSネット証券、純金積立を始めるならどっち

    貴金属会社VSネット証券、純金積立を始めるならどっち

    AERA

    8/7

  • 「安倍型インフレ」の資産防衛は外貨商品と国内不動産

    「安倍型インフレ」の資産防衛は外貨商品と国内不動産

    週刊朝日

    11/29

    ほったらかしで年6%! 老後資金2000万円に純金積立が効く

    ほったらかしで年6%! 老後資金2000万円に純金積立が効く

    AERA

    7/13

  • 間接的に取られるから気づかない、純金積立の見えないコストとは

    間接的に取られるから気づかない、純金積立の見えないコストとは

    AERA

    8/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す