田原総一朗氏 「原発ゼロへの道筋を語れる政党はない」

ギロン堂

原発

2012/12/11 12:00

 12月4日、衆議院選挙が公示された。だが、国民の関心は一向に高まっていない。ジャーナリストの田原総一朗氏は、「ほとんどの政党が実現性に乏しい世論迎合の主張を氾濫させているからだ」と指摘する。

あわせて読みたい

  • 「原発ゼロ宣言」は民主若手議員の「泣き落とし」選挙対策?

    「原発ゼロ宣言」は民主若手議員の「泣き落とし」選挙対策?

    週刊朝日

    9/24

    田原総一朗「失敗作『もんじゅ』の後継炉開発に『ちょっと待った!』」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「失敗作『もんじゅ』の後継炉開発に『ちょっと待った!』」

    週刊朝日

    12/7

  • 河野太郎氏の脱原発“置き土産”の余波 専門家「原発が野たれ死ぬ将来見えた」

    河野太郎氏の脱原発“置き土産”の余波 専門家「原発が野たれ死ぬ将来見えた」

    AERA

    10/6

    田原総一朗「被災地自民幹部も『無理』と言った原発新設案が浮上する不可解」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「被災地自民幹部も『無理』と言った原発新設案が浮上する不可解」

    週刊朝日

    6/22

  • 原発政策 もっとも「あいまい」な自民が勝った理由

    原発政策 もっとも「あいまい」な自民が勝った理由

    週刊朝日

    12/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す