末期がん患者の最期 延命治療しないと決めていても…

がん

2012/12/01 11:00

 人が穏やかな死を迎えるためには、事前に死のイメージや、心構えをもつことが大切だと帯津三敬病院名誉院長・帯津良一医師(76)は話す。実際にこの病院で死を迎えた加山文雄さん(67)と、その妻・由香さん(58)の場合も、事前に心構えや準備をしていたが、最後を迎えるそのとき、思わぬ出来事が起きた。

あわせて読みたい

  • 死ぬ前に語る言葉を考えよう! 帯津医師「自分の死を見つめる意味でいい」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    死ぬ前に語る言葉を考えよう! 帯津医師「自分の死を見つめる意味でいい」

    週刊朝日

    12/20

    「安楽死」の法制化は認められるべきか? 欧州で目立つ合法化の動き

    「安楽死」の法制化は認められるべきか? 欧州で目立つ合法化の動き

    週刊朝日

    12/6

  • 「こころの老化」に抵抗すれば「死ぬまでボケない」?
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「こころの老化」に抵抗すれば「死ぬまでボケない」?

    週刊朝日

    5/28

    死にゆく過程で心身に何が起こるのか 帯津医師の「命に向き合う医療」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    死にゆく過程で心身に何が起こるのか 帯津医師の「命に向き合う医療」

    週刊朝日

    8/10

  • 延命治療はどうする? 苦しまず、周囲も困らない上手な逝き方

    延命治療はどうする? 苦しまず、周囲も困らない上手な逝き方

    週刊朝日

    9/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す