「たかが口の渇き」じゃない「ドライマウス」の予防法

病気

2012/11/25 07:00

 ドライマウス研究会の調べによると、日本のドライマウス患者数は800万人、予備群は約30万人と推定されている。「たかが口の渇き」と軽視されがちだが、消化器の一部であり、感覚器でもある口は、非常に重要な器官だ。唾液量の低下で「食べにくさ」「話しにくさ」なども現れ、精神的な苦痛も小さくない。

あわせて読みたい

  • 「ひき肉より薄切り肉を」医師がすすめる「ドライマウス」を防ぐ食習慣

    「ひき肉より薄切り肉を」医師がすすめる「ドライマウス」を防ぐ食習慣

    週刊朝日

    5/22

    唾液の力でインフルエンザ大幅減「顔体操」の方法は

    唾液の力でインフルエンザ大幅減「顔体操」の方法は

    AERA

    11/26

  • ドライアイ、ドライマウスの原因となる難病「シェーグレン症候群」とは?

    ドライアイ、ドライマウスの原因となる難病「シェーグレン症候群」とは?

    dot.

    5/19

    「舌がピリピリ」はドライマウスの兆候?

    「舌がピリピリ」はドライマウスの兆候?

    週刊朝日

    12/20

  • マスク生活で気になる「口の老化」 老け顔や全身の筋力低下を招く可能性も

    マスク生活で気になる「口の老化」 老け顔や全身の筋力低下を招く可能性も

    セルフドクター

    6/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す