森光子 3年半でテレビ演出家と離婚した理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

森光子 3年半でテレビ演出家と離婚した理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#離婚

 女優人生77年。森光子さんが11月10日、その92年の生涯に幕を下ろした。週刊朝日に残した言葉の数々を紹介しよう。

 まずは、大阪から上京して芸術座の舞台に脇役として出演した1958年の12月28日号でのコメント。
「いっぺんに、パーッと人気がでえへんでも、ウチは細う、長うやっていきたい……こう思うとります」

 森さんを「お母さん女優」としての人気を不動のものにしたドラマ「時間ですよ」についてのインタビュー記事(1971年10月22日号)にも、その人柄を偲(しの)ばせる言葉が残っている。

「後世に名が残る女優というよりも、現在たくさんの人に愛される女優になりたいと思ってます」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい