警察学校退職者数No.1は岡山県警の20.2%だった (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

警察学校退職者数No.1は岡山県警の20.2%だった

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
(c)朝日新聞社

(c)朝日新聞社

「80年の初任科入校者数は75人でした。このうち2人が家業を継ぐなどの理由で退職しました。しかし、全国平均の退職率が約10%というのは高すぎます。ましてや20%という退職率は通常では考えられません」

 そこで、先の退職率15%超の7警察本部に対して、警察学校の状況について質問した。退職理由について、「一身上の都合」「自己都合退職」と答えた県警がほとんどだが、若者気質の変化を指摘する声もある。

「いわゆる『ゆとり第一世代』といわれる人を採用するなかで、ゆとりある生活環境、個性重視の風潮のなかで育成され、学校での規律ある集団生活に不慣れな現代の若者の特性との関連性は無視できないと思われます」(愛媛県警警務課)

※週刊朝日 2012年9月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい