金メダル・内村航平のわき毛に女子ゾッコン 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

金メダル・内村航平のわき毛に女子ゾッコン

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

現代の肖像 宋美玄 (eAERA) [Kindle版]

藤井誠二著/馬場磨貴写真

B00JR5M476

amazonamazon.co.jp

 内村航平が悲願の金メダルを手にした体操男子個人総合。世界一の完璧な美技が次々と繰り出されるなか、深夜のテレビ中継で視聴者の目を覚まさせたのは、内村の意外なアレだった。

「演技の途中も、濃いわき毛に目がいってしまって……。童顔とのギャップがたまらないんですよね」(内村ファンの女性)

 腕を開く鉄棒やつり輪、またはガッツポーズ――とりわけ女性から、その豊かなわき毛に目を奪われたという証言を聞く。かつて内村の撮影に立ち会った女性編集者は、至近距離で目撃したという。

「体操着で撮影するため、内村君が目の前で日体大のジャージーを脱ぎ始めたんですが、すごい筋肉の中にわき毛が見えて、男を感じて胸がバクバクしました」

 なぜこれほど見とれてしまうのか。『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』などの著書がある産婦人科医の宋美玄(ソンミヒョン)さんも、内村のわき毛はすごかったと語る一人だ。

「体毛は男性ホルモンの影響で濃くなります。内村選手のように太くて濃くてもっさりしたわき毛の持ち主は、男性ホルモンが多いのではないでしょうか。それが女性に魅力的に映ることはある。ただそれは、白いユニホームとたくましい体と清潔感があってこそです。普通の男性だと不快に思う人も多いでしょう」

※週刊朝日 2012年8月17・24日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい