池田清彦早大教授 「がんを治療せず放置する」メリットを語る

がん

2012/07/13 07:00

 生物学者で早稲田大学国際教養学部教授の池田清彦氏は、朝日新聞の書評欄に近藤誠『がん放置療法のすすめ』(文春新書)が紹介されているのを見て「ちょっと愉快であった」という。その理由は、それが医学界の主流の説と全く異なる主張が書かれた本であり、「大新聞」の書評欄に載っていたからだ。池田氏は本の内容に触れ、「がん放置療法」のメリットについて次のように話している。

あわせて読みたい

  • 池田早大教授「がんは放置するのが一番いい」

    池田早大教授「がんは放置するのが一番いい」

    週刊朝日

    5/12

    『白い巨塔』モデル医師 「根拠なき“がんもどき理論”を撤回せよ」

    『白い巨塔』モデル医師 「根拠なき“がんもどき理論”を撤回せよ」

    週刊朝日

    8/10

  • 「7つのポイント」で選ぶ抗がん剤治療のいい病院

    「7つのポイント」で選ぶ抗がん剤治療のいい病院

    週刊朝日

    4/2

    『白い巨塔』モデル医師 「がん放置療法」めぐり近藤誠医師と大激論

    『白い巨塔』モデル医師 「がん放置療法」めぐり近藤誠医師と大激論

    週刊朝日

    9/17

  • 池田早大教授 「健診に行くのはアホ」の真意とは?

    池田早大教授 「健診に行くのはアホ」の真意とは?

    週刊朝日

    12/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す