原発再稼働で「橋下さんはヘタ打った」と大阪府市の元ブレーン・飯田哲也氏

原発

2012/06/26 14:52

 これまで、原発再稼働反対を訴え続けていた橋下徹大阪市長が、突如としてその姿勢を変え、大きな波紋となった。橋下市長が再稼働に舵を切った当時、大阪府市の特別顧問に就いていた飯田哲也(てつなり)氏は、何でそういう話を持ち出したのか、理解不能だったという。そして、その後の橋下市長との話し合いを振り返り、自身が6月15日付で顧問を辞めたいきさつをこう語る。

あわせて読みたい

  • ジャーナリスト大谷昭氏 橋下徹大阪市長は「関電に弱みを握られたのでは?」

    ジャーナリスト大谷昭氏 橋下徹大阪市長は「関電に弱みを握られたのでは?」

    週刊朝日

    5/17

    橋下市長が未来「ブレーン」攻撃で口走った“事実無根”

    橋下市長が未来「ブレーン」攻撃で口走った“事実無根”

    12/12

  • ジャーナリストの大谷昭氏 橋下氏の原発再稼動容認は「財界へ恩を売るため」

    ジャーナリストの大谷昭氏 橋下氏の原発再稼動容認は「財界へ恩を売るため」

    週刊朝日

    6/8

    辛坊治郎氏 原発再稼働問題で橋下市長の失脚願う「不穏な声」を聞く

    辛坊治郎氏 原発再稼働問題で橋下市長の失脚願う「不穏な声」を聞く

    週刊朝日

    5/26

  • 橋下徹大阪市長の「国政進出断念」説に前原氏と仙谷氏の影

    橋下徹大阪市長の「国政進出断念」説に前原氏と仙谷氏の影

    週刊朝日

    6/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す