池田清彦教授 日本にツバメが来なくなったわけとは

池田清彦

2012/06/12 17:36

 日本野鳥の会によると、日本に来るツバメの数が減っているのは、エサ場である水田や巣作りができる日本家屋の減少、天敵であるカラスの増加などのためだという。しかし早稲田大学国際教養学部教授の池田清彦氏は「大きな要因はもっと他にありそうだ」と次のように指摘する。

あわせて読みたい

  • 池田清彦教授 フランスの“虫取り放題”のキャンプに感動

    池田清彦教授 フランスの“虫取り放題”のキャンプに感動

    週刊朝日

    4/5

    意外と知らないツバメの飛び抜けた能力。春を呼ぶ渡り鳥・ツバメの飛来シーズン到来!

    意外と知らないツバメの飛び抜けた能力。春を呼ぶ渡り鳥・ツバメの飛来シーズン到来!

    tenki.jp

    4/19

  • 自然破壊にみる政府の「不思議な理屈」を池田教授が指摘

    自然破壊にみる政府の「不思議な理屈」を池田教授が指摘

    週刊朝日

    3/6

    最恐・最悪の大害虫!? でも、もしスズメバチが全ていなくなったら…

    最恐・最悪の大害虫!? でも、もしスズメバチが全ていなくなったら…

    tenki.jp

    9/1

  • 桜の花をちぎり取ったのは誰!? 七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」

    桜の花をちぎり取ったのは誰!? 七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」

    tenki.jp

    3/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す