高嶋政伸 「美元が自殺したかと思った」と「恐怖の一夜」を語る 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高嶋政伸 「美元が自殺したかと思った」と「恐怖の一夜」を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#離婚

 6月1日、東京家庭裁判所で行われた離婚裁判で、高嶋政伸(45)と美元(32)の2人が出廷した。テレビも生中継で報じるなか、これまでかたくなに沈黙を貫いていた高嶋側の主張がついに明らかになった。

 高嶋は、美元は自分の要求が通らないと手がつけられなくなると主張した。

 例えば、美元はベッドで、

「全身を強く抱きしめ続けててくれないと眠れない」

 と求めるが、高嶋が仕事に支障が出ると断ると、

「"私の夢"だったのに」

 と、ほぼ毎日責められたという。当初から離婚の原因とされた美元の「金銭感覚」についても、

「私は月109万円必要な女」

 と言われたと暴露。

 最も衝撃的だったのは、美元の「ストーカー行為」についてだ。別居後の10年9月、高嶋が仕事で泊まった京都のホテルで、

「寝ていたら気配を感じて、目を開けたら被告(美元)が自分の手を握ってベッドに座っていた」

 という。宿泊先を知らないはずの別居中の美元が、なぜか枕元にいたのだ。

「被告が自殺して幽霊で出てきたのかと思い、腰が抜けた。なぜここがわかったのかと聞くと、『夢のお告げ』と答えた」

 まるでホラー映画のような話である。

※週刊朝日 2012年6月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい