辛坊治郎氏が指摘 関越バス事故と殺人ユッケ事件の共通点はデフレ

2012/05/17 11:23

 死者7人、重軽傷者39人を出した関越道のバス事故と、昨年4月に発覚した腸管出血性大腸菌O111による食中毒事件。ニュースキャスターの辛坊治郎氏は、この一見全く関係のなさそうな二つの出来事の間には本質的原因として同じキーワードが潜んでいる、と指摘する。

あわせて読みたい

  • 肉フェスで食中毒157人 “生肉騒動”再燃か

    肉フェスで食中毒157人 “生肉騒動”再燃か

    週刊朝日

    5/27

    「店で提供されているから安全だろう」は大間違い!中毒者が急増する“鶏レアチャーシュー”の根本原因

    「店で提供されているから安全だろう」は大間違い!中毒者が急増する“鶏レアチャーシュー”の根本原因

    プレジデントオンライン

    7/28

  • 安全なバス会社どう見分ける 「なぜ安いのかを考えて」と専門家

    安全なバス会社どう見分ける 「なぜ安いのかを考えて」と専門家

    AERA

    1/25

    「おいしいから食べる。カキは悪くない」 カキ生食表示の見直しは「カキにとってもいいこと」

    「おいしいから食べる。カキは悪くない」 カキ生食表示の見直しは「カキにとってもいいこと」

    AERA

    6/9

  • もやし、納豆、豆腐が消える!? 激安食品のウラに生産者の悲鳴

    もやし、納豆、豆腐が消える!? 激安食品のウラに生産者の悲鳴

    週刊朝日

    6/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す