オリンピックおじさん誕生のきっかけは、まったくの「勘違い」からだった

2012/05/10 07:00

 今や五輪名物となっている、「オリンピックおじさん」こと山田直稔さん。ワイヤロープ販売会社の会長で、現在86歳。派手な帽子や日の丸の扇子での熱心な応援姿が知られているが、ここまでのめり込むようになったのは、大きな「勘違い」がきっかけだったという。1968年のメキシコオリンピックを振り返り、こう話す。

あわせて読みたい

  • 五輪おじさんが女子バレー「金」に貢献した「コイの滝登り」

    五輪おじさんが女子バレー「金」に貢献した「コイの滝登り」

    週刊朝日

    5/23

    オリンピックおじさんの北京五輪 大会途中で落胆、帰国した理由

    オリンピックおじさんの北京五輪 大会途中で落胆、帰国した理由

    週刊朝日

    7/18

  • ℃-ute メキシコ単独ライブ決定&映画『フラッシュダンス』主題歌初パフォーマンス「大人の階段を上っていきます!」

    ℃-ute メキシコ単独ライブ決定&映画『フラッシュダンス』主題歌初パフォーマンス「大人の階段を上っていきます!」

    Billboard JAPAN

    4/27

    オリンピックおじさんが提言「五輪に向けて東京に○○を!」

    オリンピックおじさんが提言「五輪に向けて東京に○○を!」

    週刊朝日

    9/17

  • モーニング娘。'18 、初のメキシコ公演で現地ファン大熱狂&赤十字社を訪問して寄付

    モーニング娘。'18 、初のメキシコ公演で現地ファン大熱狂&赤十字社を訪問して寄付

    Billboard JAPAN

    11/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す