穀物市場にも影響与える 人工衛星「しずく」の能力

2012/04/14 07:00


 ドラマチックな帰還を果たしたことで話題を集めた小惑星探査機「はやぶさ」、さまざまな実験の様子が伝えられる宇宙ステーション「きぼう」。
 こうした日本が携わる宇宙関連事業は耳にすることは多いが、実際、自分の生活とどう関わってくるのかというと「?」となる人が多いのではないだろうか。
 実は5月に新たな人工衛星「しずく」が打ち上げられるが、この衛星、穀物市場にも影響を与える能力を持っている。つまり、私たちの生活にも関わってくるのだ。
 この「しずく」、正式名称は第一期水循環変動観測衛星 GCOM-W1という。水を連想させるその名の通り、地球上の様々な「水」に関するデータを観測することができ、その内容は海面水温、降水量、積雪量、海上風速、土壌水分、海氷など多岐にわたる。
 こうしたデータが実際の生活とどう関わってくるのか。たとえば、地球上の様々な水のデータを観測できる「しずく」は、大陸の大地がどれだけ干ばつにさらされているかのデータを観測することができる。それが世界有数の穀物輸出国などであれば、その観測データはすぐさま、穀物市場の動向に影響を与えることになるかもしれない。そうなれば、私たちが口にする穀物価格の上下にも関わることになる。
 宇宙関連事業もこうした視点から見ると、関心が高まるのではないだろうか。「しずく」は5月18日、種子島宇宙センターから打ち上げられる。


週刊朝日

あわせて読みたい

  • “宇宙ビジネス”今世紀半ばに100兆円超へ 建設、保険業界が注目

    “宇宙ビジネス”今世紀半ばに100兆円超へ 建設、保険業界が注目

    週刊朝日

    5/19

    宇宙から世界中の雨を予測する技術とは?

    宇宙から世界中の雨を予測する技術とは?

    tenki.jp

    4/10

  • 「地球は青かった」と教えてくれたの誰? 4月12日は宇宙飛行士の日

    「地球は青かった」と教えてくれたの誰? 4月12日は宇宙飛行士の日

    tenki.jp

    4/12

    新気象衛星「ひまわり8号」運用開始しています

    新気象衛星「ひまわり8号」運用開始しています

    tenki.jp

    7/12

  • 本業よりもキツイ? 人工衛星を趣味で作ったサラリーマンの本気

    本業よりもキツイ? 人工衛星を趣味で作ったサラリーマンの本気

    AERA

    10/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す