米ハーバード大学院生ら 日本政府の原発規制のあり方を疑問視 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

米ハーバード大学院生ら 日本政府の原発規制のあり方を疑問視

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#原発

 世界一のリーダー養成校とされる米ハーバード大学の大学院ケネディスクール。そこに通う"未来のエリート"が、日本政府の原発規制のあり方に疑問を投げかけた。

 米国政府の機関で東ヨーロッパの開発援助などに携わっていたアンドリュー・チャコヤンさん(34)は、ウクライナ出身の米国人だ。チェルノブイリ原発の事故が起きたときは9歳で、東ウクライナに住んでいた。

「当時はソビエト連邦の一部だったため、事故に関する情報は一切入ってきませんでした。日本は共産主義ではなく民主主義国ですが、福島の原発事故ではパニックにならないように、限られた情報しか公表されなかったと聞いています。政府も確かな情報を持っていなかったのでしょうね」

 さらに日本政府の存在そのものを問うような声も。シンガポール人のアルビン・ウーさん(34)は、シンガポールで防衛省に勤めた後、外交官としてフランスのパリに赴任していた。

「今回の問題は原発そのものではなく、日本政府の規制のあり方にありました。原子力安全・保安院などの政府機関より、東京電力の発言力のほうが強かったのではないでしょうか」

※週刊朝日 2012年4月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい