ドリカム吉田美和の結婚 22年前から予言されていた? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドリカム吉田美和の結婚 22年前から予言されていた?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#結婚

 3月21日付の読売新聞をめくると、DREAMS COME TRUEの読売新聞yorimo主催ライブの1面広告が―――。

〈指輪をくれる? ひとつだけ 2012年の 金環食まで待ってるから〉

 ドリカムの吉田美和(46)らの写真に目立つように書かれたフレーズは、90年に発表された「時間旅行」の歌詞の一部。なんだか意味深に見えるのは、同日、読売系列のスポーツ報知が吉田の結婚を単独でスクープしていたからかもしれない。

 夫は19歳年下で、3人組バンド「FUZZY CONTROL」のボーカル&ギターのJUONこと鎌田樹音(27)。74年のヒット曲「私は泣いています」で知られる歌手で、女優のりりィ(60)を母にもつ。吉田とJUONは21日早朝、ブログでも結婚報告をしている。その日は89年に初シングル・初アルバムを同時発売したデビュー記念日でもあった。

「吉田さんは04年に事実婚を発表した9歳下の男性を3年後に亡くして、音楽活動もできないんじゃないかというくらいショックを受けていましたからね。もうそういう相手は現れないと思ってましたから、結婚は驚きでしたよ」(芸能リポーターの石川敏男氏)

 婚姻届を出したのは、JUONの誕生日であり、吉田の名前の語呂でもある3(み)月8(わ)日。「決戦は金曜日」ではなく木曜だったが、先の22年前に書かれた歌詞も見事予言的中(?)となったわけで、タイミングはバッチリだった。

※週刊朝日 2012年4月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい