ドラフト"裏注目株"開星・白根君の更生記

2011/11/09 16:59

 186センチ、98キロの大柄な体躯に、ふてぶてしい態度。投げては150メートルに迫り、打っては150メートル弾を放ったこともある。"山陰のジャイアン"こと開星高校(島根県)の白根尚貴(なおき)君(18)は、今年のドラフト候補生の中でも強烈な個性を放つ"裏注目株"だった。

あわせて読みたい

  • 誰もが試合終了と思った直後…夏の甲子園で起きた“まさか”のどんでん返し

    誰もが試合終了と思った直後…夏の甲子園で起きた“まさか”のどんでん返し

    dot.

    8/18

    恩師が語る松坂の球界引退後の選択

    恩師が語る松坂の球界引退後の選択

    週刊朝日

    6/29

  • 異色の「阪神ドラフト最下位」選手は“下克上”なるか 出身は秋田の高専、大企業を蹴ってプロの道へ

    異色の「阪神ドラフト最下位」選手は“下克上”なるか 出身は秋田の高専、大企業を蹴ってプロの道へ

    dot.

    3/3

    ヤクルト、際立つ「選手再生」の上手さ 野村監督時代から今も続く“お家芸”の歴史

    ヤクルト、際立つ「選手再生」の上手さ 野村監督時代から今も続く“お家芸”の歴史

    dot.

    5/27

  • もし監督になっていなかったら…改めて感じる、野村克也氏がヤクルトに残した功績

    もし監督になっていなかったら…改めて感じる、野村克也氏がヤクルトに残した功績

    dot.

    2/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す