ラグビーワールドカップ2019、日本開催の経済効果は約4200億円、雇用創出は約3万9000人に ―EY総合研究所 〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラグビーワールドカップ2019、日本開催の経済効果は約4200億円、雇用創出は約3万9000人に ―EY総合研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加
画像は同レポートより

画像は同レポートより

 EY総合研究所は、このほど2019年に日本で開催される「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の経済効果を試算した。それによると、経済効果総額は約4200億円となった。

 内訳は、インフラの整備や大会運営、観客による消費などからなる「直接効果」が約1900億円、サプライチェーンを介した生産誘発など「関節効果」が約1400億円、雇用増加を通じた生産誘発など「波及効果」が約900億円となった。また、具体的な雇用創出は約3万9000人と試算されている。

この調査は、2015年9月に同社が産業連関分析を用いて実施したもの。レポートは以下より参照できる。

【関連資料】
EY総合研究所「ラグビーワールドカップ2019日本大会開催による経済効果」(PDFファイル)


トップにもどる トラベルボイス記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい