JAL、国際線機内食で「AIRくまモン」を提供、欧米路線で 〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

JAL、国際線機内食で「AIRくまモン」を提供、欧米路線で

このエントリーをはてなブックマークに追加
資料提供:日本航空

資料提供:日本航空

日本航空(JL)は、2014年6月1日から熊本県と共同開発した「AIRくまモン」の提供を国際線欧米路線(一部を除く)で始める。「AIRシリーズ」の第13弾となる「AIRくまモン」は、2013年6月~8月に続き、熊本県との2回目のコラボレーション企画だ。

今回は、熊本県の人気キャラクター「くまモン」がパイロットの制服を着用したJALオリジナルのパッケージデザインを採用。食事は前回に引き続き、熊本市の老舗中華料理店「紅蘭亭(こうらんてい)」の葉山料理長監修のもと、熊本県でもっとも親しまれているご当地グルメ「太平燕(タイピーエン)」をデザートのくまモンカスタードケーキとともに提供する。

また、「AIRくまもん」のためにデザインされた容器、トレイマット(6種類)、リーフレット、カスタードケーキも用意。このほか、7月~8月の夏休み期間には、お子さま用機内食に、別途特別に「くまもん」デザインされたトレイマットを提供する。

提供期間は6月1日から8月31日まで、成田発ニューヨーク、ボストン、シカゴ、ロサンゼルス、サンディエゴ、パリ、フランクフルト、ヘルシンキの各路線が対象。プレミアムエコノミーとエコノミークラスで到着前の食事(2食目)として提供する。


トップにもどる トラベルボイス記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい