法務省、ディズニー映画で自動化ゲートの利用呼びかけ 〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

法務省、ディズニー映画で自動化ゲートの利用呼びかけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
トラベルボイス

 法務省は、ウォルト・ディズニー・ジャパンと協力して自動化ゲートとディズニー映画「プレーンズ」とのタイアップポスターを作成した。このポスターは成田空港・羽田空港・中部空港・関西空港を始めとする空港や地方入国管理局に掲示。年末年始の旅行シーズンに空港の出入国審査場が混雑するため、自動化ゲートの利用を推進する。

 自動化ゲートは、パスポートと指紋の照合により本人確認を行い、自動的に出入国手続きを行うことができるシステム。使い方はディスプレイの表示に従って簡単な操作をするだけだ。利用登録はフライトの当日に空港できる。

 なお、映画「プレーンズ」は、世界一周レースで優勝することを夢みる高所恐怖症の飛行機ダスティの物語を描いたファンタジー・アドベンチャー。2013年12月21日から2D、3Dで上映される。(記事提供:トラベルボイス)


トップにもどる トラベルボイス記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい