年末年始ツアー問合せは11%増、9連休で長期化、動き早期化に 〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年末年始ツアー問合せは11%増、9連休で長期化、動き早期化に

このエントリーをはてなブックマークに追加
トラベルボイス

 エイビーロード・リサーチ・センターが発表したエイビーロードの「2013年・年末年始ツアー問合せ概況」によると、年末年始期間(2013年12月21日~2014年1月5日)のいずれかが含まれるツアーの新規問合せ数(※)は、前年比11%増と好調に推移している。ただし、主要出発地別では、東京発は14%増、大阪発は7%増と伸びたが、名古屋発は13%減と前年を下回った。(※:7月1日~11月10日の問合せ数集計)

 問合せ時期は10月が38.7%と最もシェアが高く、9月29.1%、11月が14.2%と続く。ただし、前年との比較では10月が3.1ポイント減となったのに対し、8月は13.7%で2.2ポイント増、7月は4.4%で1.5ポイント増と増加しており、前年よりも年末年始の旅行計画の動きは早まったようだ。

 ツアーの平均日数は5.8日で昨年よりも0.1日増加。9連休と長期の休みが可能であることから、日数別では5日(24.7%、前年比1.4ポイント減)、6日(22.8%、2.2ポイント減)が減少したのに対し、7日(10.2%、0.9ポイント増)、8日(14.0%、1.7ポイント増)が増えている。

 旅行先をエリア別でみると、アジア(38.1%、1.8ポイント増)、ヨーロッパ(35.8%、1.8ポイント増)、南北アメリカ(10.4%、0.8ポイント増)と中・長距離面が増加。定番のハワイ(6.4%、2.1ポイント減)やビーチリゾート(5.8%、3.0ポイント減)は、長距離など他のデスティネーションの注目が高まったことで、減少となった。ただし、旅行先シェアではハワイのオアフ島(5.8%)は昨年に続き1位と人気。また、2位の台北(5.0%)は近距離ながらLCCの就航で2013年通年で注目が高まっており、前年の4位から順位を上げた。

【年末年始期間の問合せ_旅行先シェアトップ10】

1位 オアフ島:5.8%(前年:1位、7.6%)
2位 台北:5.0%(4位、3.5%)
3位 パリ:4.3%(3位、3.9%)
4位 バンコク:3.4%(7位、2.7%)
5位 バリ島:3.1%(5位、3.2%)
6位 グアム:2.9%(2位、5.7%)
7位 ソウル:2.7%(6位、3.0%)
8位 ローマ:2.5%(10位、2.2%)
9位 バルセロナ:2.3%(8位、2.5%)
9位 セブ島:2.3%(9位、2.4%)


トップにもどる トラベルボイス記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい