出張費用の削減策、「テレビ会議やウェブツール」「旅行パックの利用」が増加 〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

出張費用の削減策、「テレビ会議やウェブツール」「旅行パックの利用」が増加

このエントリーをはてなブックマークに追加
トラベルボイス

 産労総合研究所が実施した2013年度の国内・海外出張旅費調査によると、出張旅費の削減策として国内出張は「テレビ会議やウェブツールによる代替」(36.7%、前回比3.0ポイント増)、海外出張は「ディスカウントチケットや旅行パックの利用」(36.7%、同4.0ポイント増)がそれぞれ最多となった。

 国内出張ではこのほか、「ディスカウントチケットや旅行パックの利用」(33.7%、同10.9ポイント増)、「会社による一括管理(予約・手配等)」(26.0%、同4.2ポイント増)などが前回調査時よりも増加。「出張回数・人数の削減」(28.4%、同1.3ポイント減)は微減となった。ただし、グリーン車の利用許可状況をみると、役員(54.5%)、部長(26.0%)、課長(19.0%)でいずれも前回より増加。前回調査までの減少傾向から一転、上向き傾向に代わった。

 海外出張では「ビジネスクラスの利用制限」(23.7%、同7.9ポイント増)、「テレビ会議やウェブツールによる代替」(23.1%、同3.3ポイント増)、「ファーストクラスの利用制限」(17.2%増、同5.3ポイント増)が増加。「会社による一括管理(予約・手配等)」(30.2%、同1.5ポイント減)は微減となったが、3割近くが利用している。

 なお、海外出張の際に海外旅行傷害保険に加入している企業は全体の75.7%。従業員数1000人以上の大企業では82.4%と8割を超えた。製造業では91.4%だが、非製造業では64.6%と6割強にとどまっている。

 同調査は産労総合研究所の会員起用と上場企業の約3000社を対象に、2013年7月に実施。回答数は169社。(記事提供:トラベルボイス)


トップにもどる トラベルボイス記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい