フィリピン台風被害、日本ユニセフとチャイルド・ファンド・ジャパンが支援呼びかけ 〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フィリピン台風被害、日本ユニセフとチャイルド・ファンド・ジャパンが支援呼びかけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
トラベルボイス

 2013年11月8日、フィリピンに上陸した台風30号(ハイエン)がもたらした甚大な被害に対し、公益財団法人 日本ユニセフ協会と特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパンは支援を募っている。

▼公益財団法人 日本ユニセフ協会
 ユニセフ・フィリピン事務所の穂積智夫(ほずみ・ともお)代表は、「壊滅的な被害の状況が少しずつ明らかになるなか、私たちが当初予想していた数よりももっと多くの子どもたちが被災していることが明らかになっています。ユニセフは被災した子どもたちに支援を届けるために、できる限りのことをしています。これから待ちうけている困難な避難生活の中で、子どもたちの健康や安全、暮らしを守るため、可能な限り早く、必要不可欠な支援物資を届けようと奮闘しています」と話している。

 日本国内においてユニセフの民間募金・寄付の窓口となっている公益財団法人 日本ユニセフ協会(東京都港区・会長 赤松良子)は、台風ハイエン被災地域でのユニセフの緊急支援活動をサポートするため、「臨時拠出積立金」より1億円を拠出。緊急募金の呼びかけを行っている。

ユニセフ「自然災害緊急募金」
郵便局(ゆうちょ銀行)
振替口座:00190-5-31000
口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会

※通信枠に「自然災害」と明記
※窓口での振り込みの場合は、送金手数料が免除される。
募金に関する一般お問い合わせ:フリーダイアル 0120-88-1052(平日9時~18時)

▼NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン
 1975年より約40年にわたりフィリピンでの開発支援活動を行うNPO法人チャイルド・ファンド・ジャパンは、壊滅的な被害を受けた東サマール州(チャイルド・ファンド・ジャパン活動地域)の被災者に対して、食糧を含む緊急支援物資の配布、生活を立て直すための復興支援を実施する。また、復興支援プロジェクトの実施のため、広く緊急募金を呼びかけている。

フィリピン台風30号被災地緊急・復興支援プロジェクト
三井住友銀行西荻窪支店 普通 0920355

口座名:特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパン

支援対象:フィリピン 東サマール州で台風30号の被害にあった地域住民
支援内容:緊急支援物資配布、家屋修繕等復興支援
支援規模:500万円
実施期間:2013年11月11日(月)~


トップにもどる トラベルボイス記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい