所得が多いほど「出生数増」日本が直視すべき現実

「日本の少子化の元凶は東京にあり」の大誤解

出生数

2023/04/25 07:00

 2022年の出生数速報値が遂に80万人を割ったというニュースも話題になりましたが、日本の出生数は1970年代以降長い減少基調の中にあります。しかし、そんな出生数が激減している日本の中において、唯一1990年代と出生数が変わらず減っていないところがあります。

あわせて読みたい

  • 50年後には人口9千万人以下に! 人口減少より怖いあの問題

    50年後には人口9千万人以下に! 人口減少より怖いあの問題

    dot.

    11/21

    岸田首相「異次元の少子化対策」に独身研究家が「効果なし」と怒りの大反論

    岸田首相「異次元の少子化対策」に独身研究家が「効果なし」と怒りの大反論

    dot.

    1/28

  • 少子化対策が失敗続きの理由 「正規雇用の共働き夫婦」向け、「未婚者」と「非正規」は対象外の指摘も

    少子化対策が失敗続きの理由 「正規雇用の共働き夫婦」向け、「未婚者」と「非正規」は対象外の指摘も

    AERA

    4/22

    BTSジミンの出身校も廃校…韓国「出生率0.78ショック」に揺れる現地をルポ

    BTSジミンの出身校も廃校…韓国「出生率0.78ショック」に揺れる現地をルポ

    ダイヤモンド・オンライン

    4/2

  • なぜ日本は人口が減っているのに、イスラエルでは激増しているのか
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    なぜ日本は人口が減っているのに、イスラエルでは激増しているのか

    dot.

    5/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す