野口聡一解説、宇宙にある「大量のゴミ」衝撃実態

宇宙活動の負の遺産・スペースデブリとは

2022/12/20 19:05

 1996年宇宙飛行士候補に選出され、国際宇宙ステーション(ISS)で日本人初の船外活動を行うなどさまざまなミッションを遂行してきた野口聡一宇宙飛行士。宇宙滞在期間は344日を超えており、2020年にはクルードラゴン宇宙船に搭乗し「3種類の宇宙帰還を果たした世界初の宇宙飛行士」として、ギネス世界記録に認定されました。

あわせて読みたい

  • 新気象衛星「ひまわり8号」運用開始しています

    新気象衛星「ひまわり8号」運用開始しています

    tenki.jp

    7/12

    「地球は青かった」と教えてくれたの誰? 4月12日は宇宙飛行士の日

    「地球は青かった」と教えてくれたの誰? 4月12日は宇宙飛行士の日

    tenki.jp

    4/12

  • 「宇宙ゴミの除去」という奇想天外な仕事を実現した人の

    「宇宙ゴミの除去」という奇想天外な仕事を実現した人の"意外な"子ども時代とは?

    AERA

    2/12

    JAXAが水面下で進める「日の丸アポロ計画」の全貌 

    JAXAが水面下で進める「日の丸アポロ計画」の全貌 

    週刊朝日

    1/11

  • 野口聡一さんクルードラゴンで宇宙へ コロナ禍のなか在宅訓練も乗り越えて

    野口聡一さんクルードラゴンで宇宙へ コロナ禍のなか在宅訓練も乗り越えて

    AERA

    11/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す