トヨタ式「紙一枚」で問題を解決するスゴい技

「見せて伝える文化」がしっかり根付いている

2022/10/25 18:00

 2年連続で販売台数が世界一の自動車メーカー・トヨタ。「カイゼン」「見える化」「『なぜ』を5回繰り返す」「紙1枚」など、さまざまな企業文化が知られていますが、すべては問題解決に向けて「考え抜く」ためにある、といいます。「紙1枚!」シリーズで知られるベストセラー著者・浅田すぐるさんが、トヨタの最大にして最強のスキルについて、自身の経験等もまじえながら執筆した最新刊『トヨタで学んだ「紙1枚!」で考え抜く技術』から、問題解決のポイントをご紹介します。

あわせて読みたい

  • 企業で“IT断食”が流行 あえて「手書き」「パワポ禁止」も

    企業で“IT断食”が流行 あえて「手書き」「パワポ禁止」も

    AERA

    12/27

    サイバー攻撃に遭った町立病院「2カ月間の記録」

    サイバー攻撃に遭った町立病院「2カ月間の記録」

    東洋経済

    4/12

  • 強火も弱火もNG「肉野菜炒め」ベチャッとさせぬ技

    強火も弱火もNG「肉野菜炒め」ベチャッとさせぬ技

    東洋経済

    9/7

    日本人なら知っておきたい世界的企業、トヨタの秘密

    日本人なら知っておきたい世界的企業、トヨタの秘密

    BOOKSTAND

    8/5

  • クラウンを大変身させた豊田社長の強烈な危機感

    クラウンを大変身させた豊田社長の強烈な危機感

    東洋経済

    7/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す