10月「児童手当廃止」61万人が試せる回避の手段

年収基準に引っかかっても有効な回避法は多数

2022/10/13 14:21

 10月から、中学生以下の子どもに支給されている児童手当について、親の所得が上限を超える家庭への支給が廃止されました。基準は子どもの人数など家族構成によって前後しますが、子ども2人と専業主婦がいる会社員家庭の場合、年収1200万円以上は児童手当を受け取れなくなりました。

あわせて読みたい

  • 10万円給付の“家庭モデル”は古すぎる? ネットで不満続出、「もらっていいのか」と戸惑う声も

    10万円給付の“家庭モデル”は古すぎる? ネットで不満続出、「もらっていいのか」と戸惑う声も

    AERA

    11/25

    ベビーシッター、認可外保育、産後ケア…子育て支援は非課税でより使いやすく
    筆者の顔写真

    小泉正典

    ベビーシッター、認可外保育、産後ケア…子育て支援は非課税でより使いやすく

    dot.

    2/15

  • 悲鳴!実質手取り額はこんなに減っている 共働き、片働きなどを年収別に徹底比較

    悲鳴!実質手取り額はこんなに減っている 共働き、片働きなどを年収別に徹底比較

    AERA

    9/14

    確定申告で税金を取り戻せ! 保険、医療費、ふるさと納税…ポイントを解説

    確定申告で税金を取り戻せ! 保険、医療費、ふるさと納税…ポイントを解説

    週刊朝日

    2/13

  • 医療費が高額だと、税金は安くなる!? 合算できる「医療費控除」
    筆者の顔写真

    小泉正典

    医療費が高額だと、税金は安くなる!? 合算できる「医療費控除」

    dot.

    8/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す