「鬼滅の刃」の鬼殺隊に孤児が多い歴史的背景

主要キャラクターの半数は両親を失っている

鬼滅の刃

2022/02/15 14:54

 大ヒットマンガ『鬼滅の刃』は大正時代初期を舞台にした物語である。もともと昔話に登場する鬼が、近代化が進んだ大正時代に現れる設定は、本来ならば違和感を感じるものだ。ところが『鬼滅の刃』では、むしろきらびやかに発展する大都市と対照的に、闇に蠢く存在として鬼が際立っている。

 実は『鬼滅の刃』は「鬼退治」という古典的テーマを扱いながら、鬼殺隊や鬼の過去に当時の社会情勢をしっかりと反映している。だからこそ私たちは、大正時代の鬼退治を「リアル」に感じ取ることができるのだ。東進ハイスクール講師で歴史コメンテーターの金谷俊一郎氏が監修した『新考察 鬼滅の刃 大正鬼殺伝奇考』から一部抜粋、再構成し、鬼殺隊に孤児が多い理由を考察する。

あわせて読みたい

  • 『鬼滅の刃』名もなき鬼殺隊の「子どもたち」――彼らの献身は

    『鬼滅の刃』名もなき鬼殺隊の「子どもたち」――彼らの献身は"特攻精神"と”自己犠牲”への賛美なのか

    dot.

    1/24

    我妻善逸が「遊郭の鬼」に放った“予想外”のセリフ 『鬼滅の刃』アニメ2期の見どころ

    我妻善逸が「遊郭の鬼」に放った“予想外”のセリフ 『鬼滅の刃』アニメ2期の見どころ

    dot.

    8/3

  • “全集中”の元の言葉は? 今からでも間に合う「鬼滅の刃 入門編」

    “全集中”の元の言葉は? 今からでも間に合う「鬼滅の刃 入門編」

    週刊朝日

    11/12

    『鬼滅の刃』で最もおしゃべりな男・我妻善逸のセリフに潜む知られざる「本心」――善逸が“信じようとした”もの

    『鬼滅の刃』で最もおしゃべりな男・我妻善逸のセリフに潜む知られざる「本心」――善逸が“信じようとした”もの

    dot.

    3/27

  • 『鬼滅の刃』我妻善逸の“兄貴分”だった鬼「獪岳」 鬼になりきれなかった少年の「悲しき自我」

    『鬼滅の刃』我妻善逸の“兄貴分”だった鬼「獪岳」 鬼になりきれなかった少年の「悲しき自我」

    dot.

    1/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す