「物取られ妄想」に悩まされる認知症患者の頭の中

なぜ「誰かが盗んだに違いない」と誤解するのか

認知症

2022/01/25 13:10

 想像してみてください。あなたは、たった一人で初めての海外旅行をしています。その国の言葉は一切わからず、地図もありません。それなのに、あなたは迷子になってしまいました。周りには知らない言葉を話す、見たこともない人ばかり。

あわせて読みたい

  • 「盗っていません」は逆効果 認知症「物盗られ」妄想の対処法

    「盗っていません」は逆効果 認知症「物盗られ」妄想の対処法

    週刊朝日

    9/8

    認知症の「もの盗られ妄想」 解決のカギは“聴力”

    認知症の「もの盗られ妄想」 解決のカギは“聴力”

    週刊朝日

    3/7

  • 認知症患者に期待高まる「複合型サービス」 要介護度が低くても利用化

    認知症患者に期待高まる「複合型サービス」 要介護度が低くても利用化

    週刊朝日

    8/24

    「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?

    「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?

    dot.

    1/2

  • 「管理人が家のものを盗む」 管理組合悩ます「認知症トラブル」とは?

    「管理人が家のものを盗む」 管理組合悩ます「認知症トラブル」とは?

    週刊朝日

    11/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す