よく悪口を言う人ほど「不幸になる」科学的根拠 (1/3) 〈東洋経済〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

よく悪口を言う人ほど「不幸になる」科学的根拠

このエントリーをはてなブックマークに追加
樺沢紫苑東洋経済
悪口や誹謗中傷にあふれたネット空間。それは見ていて決して楽しいものではない。にもかかわらず、人はなぜ悪口をやめられないのか?(※写真はイメージですGettyImages)

悪口や誹謗中傷にあふれたネット空間。それは見ていて決して楽しいものではない。にもかかわらず、人はなぜ悪口をやめられないのか?(※写真はイメージですGettyImages)

写真:『学びを結果に変えるアウトプット大全』(サンクチュアリ出版)より

写真:『学びを結果に変えるアウトプット大全』(サンクチュアリ出版)より

楽しいのは一瞬だけ「人を呪わば穴二つ」

 今年5月、恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演中だった女子プロレスラーの木村花さんが自殺しました。ネット上での過激な誹謗中傷が原因と言われています。この事件以後、今まで野放し状態であったネット上の誹謗中傷に対して、もっと厳しく取り締まるべきだという声が増えています。

 なぜ人は、悪口、誹謗中傷が好きなのでしょうか? 明らかに相手に精神的なダメージを与える行為なのに、どうしてやめられないのでしょうか?

●「悪口を言う人」の心理

 アメリカの心理学者であるレオン・フェスティンガーの言葉にもあるように、人間はついつい他人と自分を比較してしまう生き物です。

 とくに日本人の場合、集団での和を乱さないためにも、他人の顔色をうかがう、他人の行動や言葉に目を光らせ、自分と比べるなどの傾向が強いと言えます。

 コロナウイルスの流行に伴ってあらわれた「自粛警察」と呼ばれる人たちも、自分は自 粛のルールを守っているのに、それを守ろうとしない奴がいるという怒りが行動の元になっている。つまり、「他人と比較してしまう心理」が原因にあるわけです。

 人間は、他人と自分を比べたときに自分が優れていると「優越感」を抱きます。その逆に、自分が劣っていると感じたときに「劣等感」を抱きます。

 劣等感は強烈なネガティブ感情なので、それを何とか払拭したいという衝動にかられる。それを、悪口や誹謗中傷という形で発露したくなるのです。

 悪口や誹謗中傷を言うことで、相手をおとしめることができます。自分対相手との比較において、相手を引きずり下ろすことによって、自分の価値を相対的に高めることができる。それによって、内なる劣等感を緩和しようという心理が働いてしまうのです。


トップにもどる 東洋経済記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい