そこまでやる?新幹線の「コロナ対策」初公開 (1/3) 〈東洋経済〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

そこまでやる?新幹線の「コロナ対策」初公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
車両基地では通常の清掃に加えプラスアルファの消毒を行う(記者撮影)

車両基地では通常の清掃に加えプラスアルファの消毒を行う(記者撮影)

横から見た空気の流れ(画像:JR東海)

横から見た空気の流れ(画像:JR東海)

車両基地内で消毒、乗務員も巡回中に消毒

 5月25日に政府の緊急事態宣言が全面解除され、人々の移動が再び始まろうとしている。

 とはいえ、不特定多数の人が利用する乗り物での移動は不安だという人も少なくないだろう。そこで、鉄道各社が新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みについて、ホームページなどで発表している。

 そんな中、JR東海が、東海道新幹線における感染対策を28日、報道陣に初めて公開した。

 走行中の新幹線では、車内を巡回する乗務員が消毒液でトイレのドアノブやボタンなど、乗客が触れる場所を丁寧に消毒する。車内のワゴン販売を担当するパーサーも、車内にある準備室など担当範囲について消毒する。近年は警備員が乗車して車内を巡回しているが、さすがに警備員は消毒作業は行わない。それでも新幹線の車内を乗務員が2往復すれば、消毒作業を4回行うことになる。

●気密性と換気を両立させる秘訣

 最近の通勤電車では、車内の窓開けによる換気が当たり前になったが、新幹線は窓が開かない構造になっている。気密性を高めることで車内の気圧を一定に保ち、高速でトンネルに入るときなどの気圧の変動によって生じる「耳ツン」を防ぐためだ。

 しかし、車内に新鮮な空気を取り入れる必要もあり、新幹線では空調・換気装置を使ってつねに外の空気との入れ替えを行っている。換気装置が取り入れた空気は、空調装置で冷やしたり温めたりすることで最適な温度にしてから車内に送り込まれる。荷物棚の下にある吹き出し口から出た空気は、車内を循環して座席の下にある排出口を通じて車外に排出される。

 車内の空気は6~8分で外の空気と入れ替わる。空気の入れ替えに伴い気密性が損われないか気になったが、「取り入れる空気の量と排出する空気の量を同一にすることで気密性が保たれる」とJR東海の担当者は話す。

 なお、空調・換気はもともと新幹線車両が備えている機能であり、感染症対策として特別なことはしていないという。


トップにもどる 東洋経済記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい