「村八分」日本人が意外と知らない本当の意味 感染症の恐怖からうまれた「言い伝え」とは (1/3) 〈東洋経済〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「村八分」日本人が意外と知らない本当の意味 感染症の恐怖からうまれた「言い伝え」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川 美津子東洋経済#新型コロナウイルス
「村八分」から「火事」と「葬儀」が漏れた理由とは? ※写真はイメージです (GettyImages)

「村八分」から「火事」と「葬儀」が漏れた理由とは? ※写真はイメージです (GettyImages)

 今、私たちはこれまで経験したことのない新型コロナウイルスという魔物に脅かされる日々を送っています。

 しかしこれまで人類は、幾度となくこうした疫病と戦い乗り越えてきました。世の中が騒がしくなると、さまざまな信仰がうまれ、各地で祭祀が営まれていきました。疫病や死に対する恐怖から、各地でしきたりや迷信がうまれ、慣習として今日まで伝承されているものも数多くあります。

 もちろん昔の慣習が現代にそのまま当てはまるわけではありませんが、「なぜそのように言われているのか」という考え方はどこか今に通じるものがあるような気がします。

●「死者に夜通し付き添った人」が謹慎する理由

 通夜といえば、現代では親しい人とのお別れの場として儀式が行われるものですが、もともとは死者の側に近親者が夜通し付き添う行為のことで、夜伽(よとぎ)とも言われていました。

 通夜において死者と共に過ごした人は、一定期間(7日~10日程度)の忌みがかかるとして、外に出ることは許されず、喪家で過ごすこととされていました。

 それを「忌み籠り(いみごもり)」といいますが、死をもたらした原因が何かわからなかった時代では、死者の周囲から感染が広がっていくという事実に対し、「忌み籠り」という言葉を使って一定期間の謹慎を強いていたのかもしれません。

 なお、夜通し故人の側にいる理由として、「寂しくないように」、「死者の魂に寄り添って生き返ることを願う」など諸説ありますが、中でも死臭を察して寄ってくる野獣から守るため、という説は現実味を帯びているのではないでしょうか。

 また「線香やロウソクを絶やしてはいけない」ともいわれますが、これも「故人が成仏できるように」という願いだけではなく、野獣除け、虫除け、死臭を消すため、という目的もあったと言われています。


トップにもどる 東洋経済記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい