なぜ本物のお金持ちは「ケチ」といわれるのか (1/3) 〈東洋経済〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

なぜ本物のお金持ちは「ケチ」といわれるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
花輪 陽子東洋経済
24億円のペントハウスをプロモーションするイベントに潜入。こうした不動産は新興リッチが好む傾向にある。代々資産家は必要以上に華美な家に住まないことも多い(写真:著者撮影)

24億円のペントハウスをプロモーションするイベントに潜入。こうした不動産は新興リッチが好む傾向にある。代々資産家は必要以上に華美な家に住まないことも多い(写真:著者撮影)

代々続く資産家はフェラーリを乗り回さない

 ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。本物の金持ちは「ケチ」とよくいわれますが、それは本当でしょうか。

「3代続けば末代続く」ということわざがあります。3代目まで堅実にやれば、後は長く栄えることができるという意味です。実際は何代も続いて栄えることは世界でもまれで、2代目まで頑張っても3代目で傾く例が多いものです。「名家3代続かず」という反対の意味合いの言葉もありますが、中国語や英語でも似た表現があるようです。

●富裕層は「パッと見」ではわからないことも

 シンガポールにも、代々家業を引き継いでいる富裕層がいます。そうした富裕層は、驚くほど質素な生活を心がけているものです。いつも同じような服装をしていたり、パッと見ではお金持ちには見えない人も少なくありません。相続税が高い日本で、代々資産を受け継いでいくのは至難の業です。それでも続いている名家は資産を守っているのですから、まさにお金を守る達人といえるでしょう。

 資産家といわれる人は、「納得感」があるものにしかお金を使わない傾向にあります。
 衣食住や子供の教育など、生活に必要なところにはお金をしっかりとかけますが(必要以上に華美ではありません)、納得できないものには1円でも使いたがらないように感じます。

 ATM手数料など、普通の人が何げなく払っているものでも、「このサービスにこれだけ払うのは高い」などと思うものです。金額の多寡にかかわらず、お金に対してシビアです。保有資産に比べれば微々たる金額なのに、細かいところまで見逃すことがありません。

 レストランでもウェイターにこと細かにリクエストを伝え、アンケートに意見をしっかりと書き込む人もいます。このように料金に見合ったサービスを求める傾向にあります。普通の人なら「取られるがまま」という場合も多いのではないでしょうか。


トップにもどる 東洋経済記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい