肩こりは「もんでも治らない」という驚きの真実 (1/4) 〈東洋経済〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

肩こりは「もんでも治らない」という驚きの真実

このエントリーをはてなブックマークに追加
財前 知典東洋経済#ヘルス
つらい肩こりや腰痛の原因は患部にはありません(写真:getty Images)

つらい肩こりや腰痛の原因は患部にはありません(写真:getty Images)

ストレッチや筋トレが逆効果になることも

 肩が凝る。腰痛がつらい。

 そんなとき、どんなケアをしていますか?

「とりあえず肩や腰をストレッチする」「マッサージに行く」「筋力不足が原因と聞いたので、筋トレをしている」という人も多いでしょう。

 しかし、コリや痛みの本当の原因を知らずにケアをしても、思うような効果は期待できません。そもそもなぜ肩こりや痛みが発生するのか、どうすればよくなるのか――。『やってはいけないセルフケア 肩こりは肩をもんでも治りません』の著者である理学療法士の財前知典氏が解説します。

●本当の原因は「肩」や「腰」ではない!

 肩こりや腰痛の代表的なセルフケアとして「ストレッチ」があります。

 ストレッチとは筋肉をゆっくり伸ばすことによって、関節の可動域を広げたりする運動のことです。

 例えば、肩こりだから背筋を伸ばすストレッチ、腰痛だから前屈をして腰を伸ばすストレッチなどがあります。

 ストレッチをした直後はほぐれたような気がしますが、もし伸ばしてはいけない筋肉をストレッチしてしまうと、時間とともにどんどん筋肉が固くなり、動きが悪くなってしまいます。その結果、かえってコリや痛みを悪化させてしまうこともあるのです。

 実はコリや痛みの本当の原因は、肩や腰といった患部にはありません。体に「サボっている場所」と「頑張っている場所」があるからです。

 患部に直接アプローチするようなセルフケアで肩こりや腰痛が改善しないのはそのためです。


トップにもどる 東洋経済記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい