お金持ちに「手ぶら」がやたら多い本当の理由 (3/3) 〈東洋経済〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

お金持ちに「手ぶら」がやたら多い本当の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
花輪陽子東洋経済
シンガポールでも、バッグは大型ではなくトレンドは小型。中古品も小型バッグのほうが高く売れるのはなぜか(写真:筆者撮影)

シンガポールでも、バッグは大型ではなくトレンドは小型。中古品も小型バッグのほうが高く売れるのはなぜか(写真:筆者撮影)

 その都度、着替えたほうがその場にふさわしい身なりで臨めるうえに、荷物も少なくて済みます。その場に必要な物だけを持っていけばいいからです。でも、実際は「そんな時間の余裕はない」という人がほとんどでしょう。しかし、着替えることで気分も切り替わるので、そうすることで得られる精神的な効用は計り知れないのです。ライフスタイルへの投資を惜しまない欧米系の富裕層に、特にその傾向が強いと感じます。

●きれいに使えば高く売れて、元が取れる

 FPの立場から見ても、「バッグの中身をその都度入れ替えるほうが、お金は貯まりやすい」とアドバイスできます。私は自宅に帰ったら、必ずバッグの中身をすべて出して、汚れなどをチェックして専用の袋にしまいます。そうすることで、バッグの中身を紛失する確率が著しく減り、書類やレシートなどを整理整頓できるからです。

 いったん物を全部出して、前日の夜、もしくは早朝に必要な物をバッグに入れて準備すれば、忘れ物を減らすこともでき、バッグの中で必要なものが迷子になることもなくなります。また、しっかり汚れをとってきちんと保管することで、バッグの寿命を伸ばすことができます。バッグをきれいに使えば、セカンドハンド(中古品)やオンラインフリーマケットなどでいい値段で売ることができるので、できるだけきれいに使うように心掛けています。

 財布と同じですが、バッグも整理力、管理力が重要です。本当に必要なものを絞ることで、取捨選択する能力がつきます。余分なポイントカードなども持たないことで誘惑に惑わされなくなり、バッグが軽いと肩がこることもありません。まずは富裕層を見習い、不要な物だけでもバッグから出してみてはいかがでしょうか。


トップにもどる 東洋経済記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい