同窓会不倫にハマった39歳「元美少女」の末路 (1/4) 〈東洋経済〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

同窓会不倫にハマった39歳「元美少女」の末路

このエントリーをはてなブックマークに追加
沢木 文東洋経済#不倫#夫婦#男と女

「同窓会で不倫するなんて、都市伝説だと思っていた」(※写真はイメージ)

「同窓会で不倫するなんて、都市伝説だと思っていた」(※写真はイメージ)

お腹の中の子どもは夫の子?不倫相手の子?

 筆者は、「不倫している女性」のインタビューを5年ほど続けている。彼女たちを観察していて気が付くことは、自分より低スペック(学歴や年収など)な夫を持つ妻は、不倫する傾向があることだ。

「同窓会で不倫するなんて、都市伝説だと思っていた」と、寺田真知子さん(仮名・39歳)は疲れをにじませた表情をしながらも、頬をかすかに赤く染めた。

 夏ツイード素材の半そでワンピースから剥き出しになっている白い二の腕は、質感がなめらかで太く、エロティックだ。真知子さんは身長155センチのぽっちゃり体型で、胴回りも太くバストも大きい。「出産後、60キロ以上になっちゃったんですけれど……」と恥ずかしそうに笑う表情がかわいらしい。

 彼女は東大卒の父親と、専業主婦の母親の一人娘として父親の赴任先のアメリカで生まれる。1歳のときに日本に帰国し、東京郊外の住宅地に定住する。地元の幼稚園に通い、小学校時代を過ごすも、中学校から両親の望む学校に進学するべく猛勉強をし、名門女子中高一貫校に進学する。その後は名門私立大学に進み、大学卒業後は東京都内の教育関連団体で働いている。

●同窓会がすべての始まり

 30歳で結婚し、すぐに男の子が生まれた。夫は大学時代の友人の紹介で出会った世界的メーカーに勤務するエンジニア。2年の交際後に籍を入れた。人柄も穏やかで収入も安定していることが決め手で、不満はあるものの、穏やかな結婚生活が続いていた。しかし、去年、真知子さんは小学校の同窓会に出席し、夫とは別の男性と初めて恋愛をする。

「中学受験をしたので、地元の友達とは疎遠だったのですが、実家に案内のハガキが来ていたので行ってみようと思ったことが、すべての始まりです」

 夫も「ゆっくり遊んできな」と9歳になる息子とともに送り出してくれたという。当日の服装は、2年前に購入したユニクロのVネックのドレープブラウスにベージュのガウチョパンツを合わせた。セミロングの髪は軽く巻いてからアップして、フランス産のかごバッグを持ったという。“初夏のお嬢さん”ファッションは、目がクリっと大きく、どこか清楚な感じがある真知子さんに似合うだろう。



トップにもどる 東洋経済記事一覧


続きを読む


   不倫 , 夫婦 , 男と女 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加