3か月予報 厳しい暑さ続く 残暑厳しい所も これから台風シーズン本格化 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3か月予報 厳しい暑さ続く 残暑厳しい所も これから台風シーズン本格化

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


気象庁は最新の3か月予報を発表。8月、9月、10月の3か月の気温や降水量の傾向は?

暑さの傾向 8月・9月は全国的に平年並みか高い

梅雨明け後から日本列島は猛烈な暑さが続いています。この先、8月からの3か月も日本列島は暖かい空気に覆われやすく、気温は、北日本では平年並みか高いでしょう。東日本と西日本、沖縄・奄美は平年より高い見込みです。

特に8月は東日本と沖縄・奄美で、9月は西日本太平洋側と沖縄・奄美で、平年と同様に晴れて、ジリジリと強い日差しの照り付ける日が多いでしょう。残暑が厳しくなりそうです。10月も西日本は平年並みか高く、沖縄・奄美は平年より高い見込みです。10月は衣替えの時期ですが、まだ長袖では汗ばむくらいの日もあり、残暑が長引きそうです。

降水量の傾向 西日本太平洋側と沖縄・奄美で平年並みか高い

この先、8月は日本の南海上の上空に寒気が流れ込み、積乱雲が発生しやすい見込みです。9月から10月になると、太平洋高気圧の西への張り出しが弱くなるため、西日本の太平洋側や沖縄・奄美には湿った空気が流れ込みやすいでしょう。3か月の降水量は西日本の太平洋側と沖縄・奄美で平年並みか多くなる見込みです。

台風シーズン本格化 日本付近は台風の通り道に

これからの季節、降水量が多くなる要因として最も多いのは、台風の影響です。既にこれまでに台風7号まで(7月21日現在)発生しており、台風6号は沖縄など日本付近へ影響をもたらしています。

7月から10月にかけて、発生や接近、上陸ともに最も多くなり、本格的な台風シーズンです。特に8月から9月は太平洋高気圧の縁を回って日本付近に北上する経路をたどる台風が多くなります。降水量が平年並みか、平年より多くなると予想されている西日本の太平洋側や沖縄・奄美はもちろん、東日本や北日本でも、日頃から台風への備えをしておくようにしましょう。

【北日本】北海道・東北地方

【東日本】関東甲信・北陸・東海地方

【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部

【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい