台風6号 発達しながら沖縄本島や先島諸島に接近へ 暴風に厳重警戒 影響長引く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風6号 発達しながら沖縄本島や先島諸島に接近へ 暴風に厳重警戒 影響長引く

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


台風6号は、今後発達しながら沖縄本島地方や先島諸島に接近する見込みです。台風6号は、動きが遅く、影響が長引くことが特徴です。

台風6号 強い勢力で沖縄本島地方や先島地方に接近へ

20日9時、台風6号は、南大東島の南南西約150キロにあり、西北西へ時速10キロで進んでいます。中心気圧は、985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートルです。大東島地方は、風速25メートル以上の暴風域に入っており、沖縄本島地方や奄美地方の一部が、風速15メートル以上の強風域に入っています。

台風6号は、今後、発達しながら沖縄の南を西よりに進み、強い勢力で、沖縄本島地方や先島諸島に接近する見込みです。沖縄地方では暴風に厳重に警戒するとともに、沖縄地方と鹿児島県の奄美地方では高波への警戒が必要です。

沖縄本島地方では20日から22日、先島諸島では20日から24日は、大雨の恐れがあり、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意が必要です。

気象庁は、20日までに早めに台風対策を行い、風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒するよう呼びかけています。

台風6号は、動きが遅く、影響が長引くことが特徴です。

予想される最大風速(最大瞬間風速)

予想される最大風速(最大瞬間風速)

20日

大東島地方  25メートル(35メートル)

沖縄本島地方 23メートル(35メートル)

先島諸島   18メートル(30メートル)

21日

大東島地方  20メートル(30メートル)

沖縄本島地方 23メートル(35メートル)

先島諸島   40メートル(55メートル)

22日

大東島地方  15から19メートル(20から30メートル)

沖縄本島地方 20から24メートル(25から35メートル)

先島諸島   30から40メートル(40から60メートル)

なお、台風の進路等によっては、沖縄本島地方では20日から21日に暴風になる恐れがあります。

予想される波の高さ

予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)

20日

大東島地方   7メートル

沖縄本島地方  8メートル

先島諸島    5メートル

21日

大東島地方   6メートル

沖縄本島地方  8メートル

先島諸島    8メートル

22日

大東島地方   4から5メートル

沖縄本島地方  6から8メートル

先島諸島    6から8メートル

予想される雨量

21日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で

大東島地方   150ミリ

沖縄本島地方  100ミリ

その後、22日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で

大東島地方   およそ50ミリ

沖縄本島地方  100から200ミリ

先島諸島    100から150ミリ

台風の進路等によっては、沖縄本島地方では20日から22日は、先島諸島では21日から23日は、警報級の大雨になる恐れがあります。

予想される最高潮位

宮古島地方では、21日は台風の影響により潮位が高くなる見込みです。海岸付近の低地での浸水や冠水に注意してください。

予想される最高潮位(標高)と高潮に注意が必要な期間

宮古島地方  1.4メートル  21日未明から明け方


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい