20日 猛暑続く 局地的に激しい雨や雷雨 台風6号接近で沖縄・奄美は荒れた天気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

20日 猛暑続く 局地的に激しい雨や雷雨 台風6号接近で沖縄・奄美は荒れた天気

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう20日(火)も、広い範囲で猛烈な暑さ。熱中症対策を万全に。気温の上昇に伴い、局地的に雷雲が発達。台風6号の影響で沖縄と奄美は荒れた天気。

北海道~九州 体にこたえる暑さ

北海道から九州は、きょう20日も気温が速いペースで上がります。

最高気温は、北海道では、きのうに比べると低くなりますが、それでも30℃くらいの所が多く、厳しい暑さです。東北から九州にかけては、きのうと同じくらい。広く30℃以上で、内陸部を中心に所々で35℃を超えるでしょう。

各地、熱中症対策が欠かせません。ノドの渇きを感じていなくても、こまめな水分補給を。外出の際には、日傘や帽子などで直射日光を遮るようにしましょう。めまいや立ちくらみがする、手足がしびれる、吐き気がするなど、少しでも体調に異変を感じたら、すぐに涼しい所で休憩し、体を冷やすようにしてください。

内陸部は雷雨も

気温が上がるにつれて、雨雲やカミナリ雲が湧きやすくなってきます。

特に、東海や関東、北陸、東北にかけての内陸部では、道路が冠水するほどの激しい雨の降る所もあるでしょう。落雷や突風にも注意が必要です。

台風6号 沖縄と奄美は高波警戒・強風注意 あすは宮古島地方で「猛烈な風」

台風6号は、きょう20日午前6時現在、南大東島の南約160キロにあって、ゆっくりと北西へ進んでいます。中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートルです。台風は今後発達しながら西よりに進み、23日にかけて強い勢力となって沖縄地方に接近する見込みです。

きょう20日朝、沖縄・奄美ともに風が強まっており、大東島地方では風速20メートル以上と、何かにつかまらないと立っていられないほどの非常に強い風の吹いている所があります。

このあと、さらに風が強まり、大東島地方に加えて本島地方でも非常に強い風が吹くでしょう。また、沖縄・奄美ともに、断続的に雨や雷雨で、滝のような降り方になる所もありそうです。海上は、うねりを伴った高波に警戒が必要です。

【きょう20日に予想される風速、波の高さ、雨の量】

●最大風速(最大瞬間風速):沖縄23メートル(35メートル)・奄美20メートル(30メートル)

●波の高さ:沖縄・奄美ともに8メートル

●20日6時~21日6時までの24時間雨量(多い所):沖縄150ミリ・奄美120ミリです。

あす21日も荒れた天気で、特に先島諸島では「宮古島地方」を中心に暴風となるでしょう。午後は、外出が極めて危険なうえに一部の住宅が倒壊するほどの猛烈な風(最大風速40メートル)の吹くおそれがあります。

きょう20日のうちに頑丈な建物に避難するなど、早めの対策をなさってください。

なお、沖縄・奄美ともに、23日頃にかけても荒れた天気が続く見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい