台風6号 発達しながら沖縄地方へ接近 影響が長引く恐れ 台風7号も発生 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風6号 発達しながら沖縄地方へ接近 影響が長引く恐れ 台風7号も発生

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D

画像E

画像E


台風6号は、今後も発達しながら西よりに進んで、23日(金)頃にかけて沖縄地方に接近する見通し。台風の動きが遅く、影響が長引く恐れ。暴風や高波に警戒し、大雨による土砂災害などに注意、警戒が必要。

台風6号の情報

台風6号は、きょう19日(月)15時現在、南大東島の南、約180キロにあって、ゆっくりとした速さで西北西に進んでいます。

台風6号は、今後も発達しながら西よりに進み、あす20日(火)には「強い」勢力になると予想されています。台風6号は、このあとも西よりに進んで、23日(金)頃にかけて「強い」勢力で沖縄地方に接近する見込みです。

台風6号の影響で、きょう19日(月)は、大東島地方では風が強まっています。最大瞬間風速は、北大東空港で25.2メートル(3時56分)、南大東で25.1メートル(14時12分)の東よりの風を観測しました。

沖縄地方や奄美地方では、あす20日(火)からあさって21日(水)にかけて非常に強い風が吹くでしょう。また、海上では、うねりを伴った大しけとなる見込みです。暴風やうねりを伴った高波に警戒してください。

この台風は動きが遅く、影響が長引く恐れがあります。台風への備えを早めに行い、最新の台風情報をチェックなさってください。

非常に強い風が吹き荒れる

【予想される最大風速(最大瞬間風速)】

あす20日(火)

沖縄地方、奄美地方で23メートル(35メートル)

あさって21日(水)

沖縄地方で25から29メートル(35から45メートル)

奄美地方で20から24メートル(25から35メートル)

何かにつかまっていないと立っていられないほどの非常に強い風が吹くでしょう。暴風に警戒が必要です。

うねりを伴った大しけ

【予想される波の高さ】

あす20日(火)にかけて

沖縄地方で8メートル

奄美地方で7メートル

あさって21日(水)

沖縄地方、奄美地方で6から8メートル

うねりを伴った高波に警戒してください。台風の進路によっては、23日(金)頃にかけて大しけの状態が続くおそれがあります。

大雨による土砂災害などに注意、警戒

沖縄地方では、台風6号の接近に伴って、風だけでなく、雨も強まるでしょう。

きょう19日(月)は発達した雨雲は海上が中心ですが、大東島地方では、すでに雨の降り方が強まっています。北大東空港では8時40分までの1時間に23.5ミリの強い雨が降りました。

沖縄地方では、台風の接近に伴って雨の降り方が強まり、あす20日(火)から23日(金)頃にかけて警報級の大雨になるおそれがあります。

【予想される24時間雨量(多い所で)】

あさって21日(水)6時までの24時間雨量

100から200ミリ

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意、警戒してください。

台風7号の情報

きょう19日(月)9時に南シナ海で台風7号「チャンパカ」が発生しました。

中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルになっています。台風7号は今後、南シナ海を西よりに進む見込みです。

この台風による日本への直接的な影響はなさそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい