台風6号 「強い」勢力に発達予想 特徴と警戒ポイントは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風6号 「強い」勢力に発達予想 特徴と警戒ポイントは?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


台風6号は、今後「強い」勢力に発達して、暴風域を伴いながら、23日金曜頃にかけて、沖縄地方に接近する予想です。今回の台風の特徴と、警戒ポイントをまとめました。

台風6号 特徴は?

台風6号は、19日月曜午前9時現在、南大東島の南、約180キロにあって、1時間に10キロの速さで、北西へ進んでいます。

台風6号は、今後、発達しながら北上し、20日火曜には「強い」勢力になると予想されています。そして、進路を西よりに変えて、23日金曜頃にかけて、「強い」勢力で、沖縄地方に接近する見込みです。

今回の台風の特徴は「速度が遅いこと」。20日火曜午前9時には、南大東島の南南西約170キロで、ほとんど停滞し、21日水曜午前9時には、那覇市の南約180キロを、1時間に15キロと、自転車並みの速さで進むと予想されています。そのため、沖縄地方を中心に、台風の影響が長引くおそれがあります。台風6号によって、長い期間、荒れた天気となるおそれがありますので、早めの備え・対策を心がけてください。

台風6号 警戒ポイントは?

今回の台風、沖縄地方で、特に警戒すべきポイントは「暴風と高波」です。

沖縄本島地方と大東島地方では、21日水曜にかけて、非常に強い風が吹くでしょう。先島諸島は、21日水曜以降、暴風となる所がありそうです。

予想される最大瞬間風速です。19日月曜は、大東島地方で35メートル、沖縄本島地方で25メートル、20日火曜は、大東島地方と沖縄本島地方で35メートル、先島諸島で30メートル、21日水曜は、大東島地方と沖縄本島地方で25から35メートル、先島諸島で35から45メートルとなっています。

なお、台風の進路等によっては、大東島地方では19日月曜から20日火曜に、沖縄本島地方では20日火曜以降、暴風となるおそれがありますので、警戒が必要です。

また、沖縄の大東島地方では、すでに大しけとなっていますが、大しけの状態は21日水曜頃まで続くでしょう。台風が発達しながら近づくため、沖縄本島地方では20日火曜から、先島諸島では21日水曜から大しけとなりそうです。

予想される波の高さです。大東島地方は19日月曜と20日火曜は7メートル、沖縄本島地方は20日火曜と21日水曜は8メートル、先島諸島は21日水曜は8メートルとなっています。

沖縄地方の海上や海岸付近では、うねりを伴う高波にも、警戒が必要です。

さらに、奄美地方でも、風が強まり、うねりを伴って、大しけとなるでしょう。高波に警戒してください。

警報級の大雨のおそれも

そして、台風6号の接近に伴い、雨も強まるでしょう。

沖縄本島地方と大東島地方では、20日火曜にかけて、1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所がありそうです。

20日火曜12時までの24時間に予想される雨量は、大東島地方の多い所で150ミリです。その後、21日水曜12時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、大東島地方100から200ミリ、沖縄本島地方100から150ミリとなっています。

台風の進路等によっては、沖縄本島地方では20日火曜以降、先島諸島では21日水曜以降に、警報級の大雨となるおそれがあります。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に、十分ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい