19日も猛烈な暑さ 局地的に雷雲発達 台風6号が近づく沖縄は荒れた天気に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

19日も猛烈な暑さ 局地的に雷雲発達 台風6号が近づく沖縄は荒れた天気に

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう19日(月)も、各地で体にこたえる暑さが続く。気温の上昇に伴い大気の状態が不安定になり、雷雨の所も。沖縄は台風6号の影響で風が強まり、波が高まる。

強い日差し 四国も梅雨明けか 局地的に雨雲や雷雲が発達

きょう19日(月)も多くの所で晴れて、強い日差しが照り付けます。

北海道や東北北部は一日晴れるでしょう。東北南部や北陸、関東、東海、近畿、中国地方にかけて、午前中は晴れ。午後は山沿いや内陸の所々で雨や雷雨となるでしょう。局地的には、道路が川のようになるほど激しく降りそうです。四国は、雨は午前が中心で、次第に晴れ間も。ようやく梅雨明けとなる可能性があります。ただ、これまでの大雨により地盤が緩んでおり、しばらくは土砂災害の危険度の高い状態が続く所もありそうです。九州は、南からの湿った空気の影響で曇りや雨。南部では昼頃まで激しい雨の降る所があるでしょう。

万全の熱中症対策を

きょう19日(月)も気温がグングン上昇。広範囲で30℃以上で、本州の内陸を中心に35℃を超える所もあるでしょう。全国的に熱中症のリスクの高い状態が続きます。

ノドの渇きを感じる前に、少しずつ水分を摂り、たくさん汗をかいたら適度な塩分補給も忘れずに。室内でも体調に十分気を配り、無理をせずに適切にエアコンを使うようにしてください。

熱中症のサインとなるのは、顔がほてる、めまいや立ちくらみ、頭痛や腹痛がする、といった症状です。このくらい大丈夫と無理をしてしまうと、自力で水を飲めなくなったり、立てなくなったり、意識を失ったりと、急速に悪化してしまいます。

少しでも体に異変を感じたら、すぐに涼しい所で休憩し、体温を下げることが重要。濡れたタオルや保冷剤、冷たいペットボトルなどで、脇の下や足の付け根といった太い血管の通る箇所を冷やすと効果的です。

沖縄 台風6号の接近で風が強まる 海は大シケ

台風6号は、きょう19日(月)午前6時現在、沖縄の南大東島の南にあり、北西へ進んでいます。今後発達しながら西よりに進み、これから23日(金)頃にかけて沖縄地方に接近する見込みです。

きょうは大東島地方を中心に荒れた天気となるでしょう。

大東島地方ではすでに強い風が吹いており、午後は看板が落下するほどの非常に強い風が吹くでしょう。本島地方も次第に風が強まります。予想される最大風速(最大瞬間風速)は、大東島地方で23メートル(35メートル)、本島地方で15メートル(25メートル)です。また、台風周辺の湿った空気の影響で大気の状態が不安定で、急な強い雨や雷雨にも注意が必要です。

沖縄沿岸の海域では波が高まり、大東島地方では大シケの状態が続くでしょう。

なお、あす20日(火)は、大東島地方に加えて本島地方も非常に強い風が吹くでしょう。21日(水)以降は、先島諸島も風が強まり、外出が極めて危険なほどの暴風が吹く見込みです。

海上では引き続き高い波に警戒が必要です。

台風の進路等によっては、本島地方では20日(火)以降、先島諸島では21日(水)以降、警報級の大雨となるおそれもあります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい