「台風6号」発生へ 列島への影響は? 沖縄は荒天 本州付近は「酷暑」に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「台風6号」発生へ 列島への影響は? 沖縄は荒天 本州付近は「酷暑」に警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


日本の南にある熱帯低気圧は今後、台風になる予想です。暴風域を伴って沖縄に接近する恐れがあり、警戒が必要です。本州付近では厳しい暑さで、猛暑日になる所も。熱中症に警戒してください。

沖縄は台風の動向に警戒

日本の南には熱帯低気圧があり、今後、台風に発達する予想です。その後も勢力を強めながら北西へ進み、暴風域を伴って、18日(日)から21日(水)頃にかけて沖縄地方に接近する可能性があります。

沖縄地方の沿岸の海域では、18日(日)には次第にしける所があるでしょう。台風に発達する熱帯低気圧の進路によっては、沖縄地方では19日(月)から21日(水)頃にかけては暴風が吹き荒れ、大しけとなる恐れがあります。発達した雨雲がかかり、大雨となる恐れもあります。

予想される最大風速は19日(月)は大東島地方で15から19メートル(最大瞬間風速20から30メートル)、沖縄本島地方で20から24メートル(最大瞬間風速25から35メートル)です。何かにつかまっていないと立っていられないような風が吹く恐れがあります。

また、予想される波の高さは、いずれもうねりを伴って、18日(日)は大東島地方で4メートル、沖縄本島地方で3メートルです。19日(月)は大東島地方で5メートル、沖縄本島地方で6メートルです。海岸付近には近づかないようにしてください。

その後、台風に発達する熱帯低気圧は西よりへ進み、本州付近への直接的な影響はない見込みです。

本州付近は酷暑に警戒

一方、来週前半にかけて太平洋高気圧の本州付近への張り出しは強いでしょう。北海道、東北、関東甲信、北陸は晴れて、ギラギラと強い日差しが照りつけそうです。17日(土)に梅雨明けした東海や近畿も夏空が広がるでしょう。最高気温は広く30℃以上の日が続き、内陸部を中心に35℃以上の猛暑日となる所もあるでしょう。

中国、四国、九州は18日(日)も湿った空気の影響で所々で雨雲や雷雲が発達しますが、来週前半からは大体晴れて、うだるような暑さとなりそうです。

気象庁からは「高温に関する全般情報」もだされています。北海道と東北は19日(月)にかけて、関東・北陸・東海は20日(火)にかけて、近畿から九州は19日(月)から23日(金)頃にかけて特に気温の高い状態が続き、最高気温が35度以上の猛暑日となる所がある予想です。

熱中症に警戒が必要です。こまめに水分をとり、汗をかいたら適度に塩分を補給しましょう。室内では適切に冷房を使い、無理のないようにお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい