関東 梅雨明け後の暑さ警戒 最高気温35度以上の猛暑日も 真夏並みの暑さ続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 梅雨明け後の暑さ警戒 最高気温35度以上の猛暑日も 真夏並みの暑さ続く

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


関東地方は強い日差しが照り付けて、猛烈な暑さになるでしょう。内陸部では最高気温が35度以上の猛暑日になる所もありそうです。明日18日(日)も引き続き暑さに警戒してください。

夏空広がる 天気の崩れなし

昨日16日(金)、関東甲信地方で梅雨明けが発表されました。今日17日(土)の関東地方は高気圧に覆われて、夏空が広がるでしょう。強い日差しが照り付ける見込みです。夜は雲が広がりやすいですが、天気の崩れはなさそうです。明日18日(日)も引き続き高気圧に覆われて、日中は広く晴れる見込みです。この週末は絶好の洗濯日和で、布団干しにもおすすめです。

週末は今年初めての猛暑日の所も

この週末、17日(土)と18日(日)の最高気温は、いずれも平年より5度前後も高く、真夏並みの暑さになりそうです。関東のアメダス地点のうちの8割から9割で30度以上の真夏日になるでしょう。熊谷や前橋など内陸部ではこの週末に今年初めての35度以上の猛暑日になることもありそうです。熱中症警戒アラートが発表されていなくても、熱中症には厳重な警戒が必要です。のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしたり、汗をかいたら塩分補給をしたり、室内ではエアコンを適度に使ったりと、対策をすることが大切です。紫外線も非常に強くなりますので、短時間の外出でも日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘を活用したりしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい