九州 18日にかけて宮崎県など太平洋側は大雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 18日にかけて宮崎県など太平洋側は大雨のおそれ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


きょう16日(金)から18日(日)にかけて、宮崎県など九州の太平洋側を中心に局地的に大雨になるおそれがあります。土砂災害や低地の浸水、河川の増水などにご注意下さい。

大気不安定 雷雲の発生に注意

きょう16日、九州は上空の強い寒気と湿った空気の流れ込みで、大気の状態が非常に不安定になっており、朝から所々に雨雲が発生してにわか雨が降っています。

今夜にかけて、宮崎県など九州の太平洋側を中心に湿った空気の流れ込みが強まるため、雨が降りやすいでしょう。九州その他の所も、強い日差しの影響も加わり、午後は雷雲が発生しやすく、局地的にバケツをひっくり返したような激しい雨が降る見込みです。

発達した積乱雲の下では落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうのおそれもあります。

きょうも屋外での活動は、天気の急変にご注意下さい。

宮崎県など大雨のおそれ

18日(日)にかけて、宮崎県や鹿児島県大隅地方、大分県は湿った南東風の影響で、局地的に大雨なるおそれがあります。

あす17日午後には上空の強い寒気は九州から離れますが、九州は週末にかけて高気圧周辺部です。九州の太平洋側は、南東の湿った空気が山の南東斜面側でぶつかり、発達した雨雲が発生して停滞しやすくなります。週末にかけて同じような場所で雨が降り続き、大雨になるおそれがあります。

土砂災害や低地の浸水、河川の増水などに十分ご注意下さい。

来週は夏空と猛暑

来週19日(月)以降は、いったん太平洋高気圧の勢力が強まるため、夏空が広がる所が多くなるでしょう。

また、南東風の影響で湿った風が山越えして熱風となって吹き下ろすフェーン現象が発生し、東シナ海側は気温が急上昇し、猛暑日が現れる所が多くなるでしょう。熱中症に警戒が必要です。

なお、来週は南の海上で熱帯低気圧の発生が相次ぐ可能性があり、今後の動向にお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい