日本付近は梅雨前線から夏の高気圧へチェンジ 梅雨明けの見通しは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本付近は梅雨前線から夏の高気圧へチェンジ 梅雨明けの見通しは?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


あす16日以降、太平洋高気圧が張り出しを強め、日本付近は高気圧に覆われる見込みです。あす以降、大気の不安定な状態は次第に解消し、週末にかけて、梅雨明けとなる所が多くなりそうです。

15日 梅雨前線が消滅 続々と梅雨明けか

日本列島に長雨をもたらしている梅雨前線は、きょう(15日)午前3時の天気図で解析されなくなりました。あす(16日)には、太平洋高気圧が日本付近に張り出しを強める予想で、その後、日本付近はこの高気圧に覆われる日が多くなる見込みです。

梅雨明けの見通しですが、東日本や東北付近の上空にある冷たい空気はあすには抜けて、大気の不安定な状態は解消する見込みで、このタイミングで梅雨明けとなる可能性があります。一方、西日本の上空には冷たい空気が残り、あすやあさって(17日)は曇りや雨の予想です。ただ、その後は、上空の冷たい空気は抜けて、高気圧に覆われて晴れる日が続く見込みです。週末にかけて、続々と梅雨明けとなりそうです。

ただ夏空は一時的か

週末から来週半ばごろまでは、各地で夏空が続きそうです。ただ、tenki.jpの「2週間天気」によりますと、来週後半は、北日本や東日本を中心に曇りや雨の日が多くなり、西日本でも雨の降る所がありそうです。これは、太平洋高気圧が張り出しを弱めるためです。梅雨明けとなっても夏空は長続きせず、一時的となりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい