15日 九州~関東 天気急変 土砂災害や低い土地の浸水に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

15日 九州~関東 天気急変 土砂災害や低い土地の浸水に警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


きょう15日(木)も大気の状態が非常に不安定。晴れていても、西日本を中心に局地的に非常に激しい雨。土砂災害や低い土地の浸水などに警戒を。

晴れていても天気急変

きょう15日(木)も大気の不安定な状態が続いていて、けさは四国や近畿から関東の一部に、発達した雨雲がかかっています。このあと気温が上がるにつれて、あちらこちらで雨雲が湧いてくるでしょう。

きょう15日(木)午後3時の発雷確率(雷が発生しやすい割合)は、九州から関東や東北南部で高くなっていて、中国地方は80%以上の赤い表示の所もあります。これらの地域では山沿いを中心に雨雲や雷雲が発達しやすく、晴れていても天気の急変に注意が必要です。

局地的には1時間に30ミリ以上の「激しい雨」や1時間に50ミリ以上の「非常に激しい雨」が降るでしょう。短時間に降る大雨ですが、同じような所に雨雲がかかり続けるなどした場合は、予想よりも雨の量が多くなるおそれがあります。

予想降水量

【予想降水量(多い所)】あす16日(金)午前6時まで

九州北部、中国地方、四国、近畿、東海 100ミリ

関東甲信 80ミリ

東北 60ミリ

土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

九州に熱中症警戒アラート

最高気温は、沖縄や九州では35度近くまで上がる所があるでしょう。中国・四国から北海道も30度以上の真夏日の所が多くなりそうです。東北北部と北海道は平年より高く、秋田や旭川の最高気温は33度の予想です。雲が多い近畿や東海なども28度前後と、不快な暑さになりそうです。

きょう15日(金)午前6時現在、福岡県、大分県、鹿児島県に熱中症警戒アラートが発表されていますが、全国的に熱中症には警戒が必要です。無理をせず、こまめな水分補給や適切な冷房の使用を心がけて下さい。また帽子や日傘を使うなど、強い日差しを避ける工夫も必要でしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい