大阪激しい雷雨 関西梅雨明け前の不安定な空模様 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大阪激しい雷雨 関西梅雨明け前の不安定な空模様

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


関西では、きょう14日(水)は午前中から雷雲が発生し、大阪でも激しい雷雨となっています。不安定な空模様は、15日(木)も続く見込みです。17日(土)から晴れ間が戻り、18日(日)以降は晴れの日が多くなるでしょう。

14日(水)は夜9時頃まで雷雨あり

14日(水)の関西は、上空に冷たい空気が流れ込んでいる影響で、大気の状態が非常に不安定になっています。市街地でも突然雷鳴が響き、激しい雨が降っています。急な強い雨で道路が川のようになったり、落雷の影響で停電している所もあるようです。夜9時頃まで低い土地の浸水や河川の増水に警戒するとともに、雷を伴った急な強い雨、落雷、土砂災害に十分に注意をしてください。

関西 梅雨明け間近か 2週間天気

関西では、15日(木)も、上空に冷たい空気が流れ込むため不安定な空模様が続く見込みです。そのあと、2週間天気を見てみると、17日(土)から日差しが戻り、18日(日)以降は比較的晴れの日が多くなる見込みです。関西エリアでは、今シーズンは梅雨入りの発表が5月16日にあり、平年の6月6日頃より大幅に早い梅雨入りとなりました。梅雨明けの平年は7月19日頃。関西も梅雨明けが近づいてきています。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい