13日も全国的に不安定 急な激しい雨や雷雨に注意 災害の危険度が高まるおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

13日も全国的に不安定 急な激しい雨や雷雨に注意 災害の危険度が高まるおそれ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう13日(火)も、あちらこちらで雨雲や雷雲が発達。これまでの度重なる大雨で地盤の緩んでいる所があり、土砂災害の危険度がさらに高まるおそれも。

きょうも雨雲や雷雲が急発達 東北や関東甲信、東海を中心に 滝のような降り方も

きょう13日(火)も大気の不安定な状態が続きます。

すでに梅雨明けしている沖縄や奄美、九州南部も含め、全国的に雨雲や雷雲が湧きやすい状況です。

広い範囲で強い日差しが照り付けますが、早い所では午前中から雨雲が湧いて、午後はあちらこちらで雨や雷雨となるでしょう。道路が冠水するほど激しく降る所もありそうです。「東北や関東甲信、東海」を中心に、滝のような非常に激しい降り方になるおそれもあります。落雷や突風、ひょうにも注意が必要です。

きょうも「真っ黒な雲が近づく」「急にヒンヤリした風が吹く」「ゴロゴロという音が聞こえてくる」といった、天気急変のサインに気を配ってください。

災害への警戒も必要です。これまでの大雨で地盤の緩んでいる所や増水している川があります。現時点で注意報や警報の出ていない地域も、局地的な大雨により災害のリスクが高まる可能性はあります。最新の気象情報や、自治体からの避難に関する情報に留意し、慎重な行動を心がけてください。

暑さも続く 熱中症対策を

全国的に、暑さも続きます。熱中症対策が欠かせません。こまめに水分をとり、たくさん汗をかいたら適度に塩分も補給しましょう。

めまいや立ちくらみがする、手足がしびれる、吐き気がするなど、少しでも体調に異変を感じたら、すぐに涼しい所で休憩し、体を冷やすことが大切です。

最高気温は、沖縄や九州から東海、北陸は多くの所で30℃以上の予想。九州北部を中心に35℃に迫る所もあるでしょう。

関東甲信や東北南部は、きのうに比べると低めですが、それでも広く25℃を超え、30℃くらいの所もある見込みです。

東北北部や北海道は、きのうと同じかさらに高く、28℃前後の所が多いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい