東北 13日(火)にかけてもゲリラ豪雨の恐れ 土砂災害や川の氾濫などに厳重警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 13日(火)にかけてもゲリラ豪雨の恐れ 土砂災害や川の氾濫などに厳重警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


上空の寒気が居座ります。大気の状態は非常に不安定です。東北地方は13日(火)にかけても局地的に非常に激しい雨や雷雨の恐れがあります。すでに秋田県を中心に記録的な大雨になった所があります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫などに厳重に警戒をしてください。

秋田県中心に記録的な大雨 土砂災害警戒情報も

東北地方の上空にはこの時期として強い寒気が居座るなか、気圧の谷が近づく影響で、所々に活発な雨雲が沸いています。

12時間に降った雨の量は秋田市で135ミリ(12日午前6時40分まで)、由利本荘市で194ミリ(同午前11時30分まで)と、ともに統計開始以来最大の雨量を観測しました。

午後1時現在、秋田県内ではいったん雨の降り方は弱まってきていますが、これまでの大雨により土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。

【土砂災害警戒情報 午後1時31分現在】

秋田県 由利本荘市沿岸 由利本荘市内陸

福島県 いわき市 広野町 楢葉町

(追記:午後1時31分 福島県土砂災害警戒情報第1号の発表による)



これは警戒レベル4に相当する情報です。

崖の近くや谷の出口など土砂災害警戒区域等にお住まいの方は、避難が必要な危険な状況です。

市町村から発令される避難指示などの情報を確認し、少しでも安全な場所への避難を心がけてください。

13日(火)にかけて 局地的に非常に激しい雨

東北地方では、13日(火)にかけて大気の非常に不安定な状態が続く見込みです。

このあとも、あちらこちらで急激に雨雲が発達して、雷を伴った激しい雨が降り、局地的には非常に激しい雨が降る恐れがあります。

【予想雨量 東北】

●12日(月)の1時間降水量(多い所)

日本海側 50ミリ

太平洋側 40ミリ

●13日(火)正午までの24時間降水量(多い所)

日本海側 100ミリ

太平洋側 80ミリ

すでに雨量が多くなり、地盤が緩んだり、川の水位が高くなっているなか、局地的にさらなる大雨が予想されます。

土砂災害や川の増水、氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒してください。

雨が弱まったりやんだりしても、川の水が数時間から数日後にピークを迎えたり、土砂災害が後から起きることもあります。

危険な場所には近づかないようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい